リボーンの意味は生まれ変わり?~それって輪廻転生のことかな~

新たに芽を出す スピリチュアル
リボーン!

こんにちは、もりのひつじかいです。

ちかごろ
父や息子や友人など
亡くなった人の夢ばかり
立て続けに見ています。
そのせいか
リボーン〈reborn〉という言葉が
なにやら胸に迫ってきます。

この言葉の意味を英和辞典で引くと-

「生まれ変わり」
「再生」
「復活」

と書かれています。

「再生」「復活」などといわれると
※「イエス復活」などの宗教的な秘跡を
どうしても空想してしまいます。

洗礼を受けるおさなご

また「生まれ変わり」と聞くと
中国に実在する村として紹介されている
※「生まれ変わりの村」のことを
真っ先に連想してしまいます。

【参照】
※『イエス復活と東方への旅』
 ホルガー・ケルステン著/佐藤充良訳
 たま出版/2012

※『生まれ変わりの村』①~④森田健著
河出書房新社/2008~2016

ところで
リボーンという言葉の意味のひとつ
「生まれ変わり」とは
リインカーネーション〈reincarnation〉
(輪廻転生)のことなのでしょうか?

リボーンとリインカーネーション。
このふたつの言葉は
同じ意味合いのことを
別の言い方で表しているのでしょうか?

ささいなことかもしれませんが
とても気になります。

あなたは、リボーンという言葉に
何かインスピレーションを感じますか?
輪廻転生についてはどうですか?

よろしかったら、ひつじかいと一緒に
この言葉がもつ意味を考えてみませんか。

スポンサーリンク

山下達郎さんの歌詞が印象的『REBORN』(リボーン)

リボーンという言葉を
ひつじかいに教えてくれたのは
『ナミヤ雑貨店の奇跡』
(松竹・KADOKAWA/2017公開)
という映画で門脇麦さんが歌った
『REBORN』という主題歌でした。

この歌は山下達郎さんが作詞・作曲し
映画のために書き下ろしたものです。
テーマはずばり「死生観」だとか。

これまでにも

数々の映画音楽を手がけてきた
山下さんですが、『REBORN』は
そのなかでも一二を争うくらいに
難しい注文だったそうです。

しかし、その甲斐もあってか
リボーンの概念(意味)が
的確に表現されているように思われます。



私たちはみんな
どこから来たのだろう
命の船に乗り
どこへと行くのだろう
あなたから私へと
私は誰かへと
想いを繋ぐために



あなたはいつの日か
ふたたびよみがえり
永遠のどこかで
私を待っている
たましいは決して
滅びることはない
いつかまた きっとまた
めぐり会う時まで
少しだけのさよなら



山下達郎作詞・作曲
『REBORN』から抜粋

山下さんが考えるリボーンとは
「いつの日かふたたびよみがえる」こと
だというわけですね。
それは「魂は決して滅びることはない」
からだと・・。

だから

先に旅立った(亡くなった)あなたも
「永遠のどこかで私を待っていてくれる」
はずだというのです。

山下さんの詞の特徴は
魂の永続性ということに
軸足を置いているように感じられます。

リーインカーネションのイメージ

ひつじかいもこの考え方に同感します。

リボーンとは
決して滅びることのない魂が
再びこの世に「よみがえる」ことであり
その営みは永遠であると
そう考えているからです。

では、リインカーネーション(輪廻転生)とは?

一方、リインカーネーションについては

英和辞典では-

「霊魂の生まれ変わり」
「転生」

と出てきます。

ちなみに
リインカーネーションの動詞形
リインカーネイト〈reincarnate〉
を見てみると

「人(の魂)が新しい肉体をまとって
 生まれ変わる」
「化身する」

こととあります。ここで
肉体という言葉が出てきました。

赤ちゃんの足の裏

念のために
リインカーネーションの接頭辞
〈re〉を取った
インカーネーション〈incarnation〉
についても調べておきましょう。

すると、この言葉には
次の4つの意味があることがわかります。

①肉体化、人間化、具体化
②前世
③顕現、托身[神学]
④肉芽発生[医学]

③の托身(たくしん)とは受肉のこと。

受肉とは-
三位一体である神の子(ロゴス・言葉)が
人間イエス(肉)として生まれたこと
を指しています。

こうやって見てきますと
インカーネーションとは
端的にいって「肉体化」のことである
ということがよくわかりますね。

そこへ
「再び・後ろへ・反対に」の意味を有する
接頭辞「re」をつければ
先に調べた

「人(の魂)が新しい肉体をまとって
 生まれ変わる」

=人の魂が再び肉体化すること
 新たな肉体に転生すること

という意味になるのではないでしょうか。

リボーン&輪廻転生の意味をもう一度おさらいすると-

まとめとしまして、もう一度
リボーン&リインカーネーション
(輪廻転生)の意味について
整理してみましょう。


リボーンとは-

よみがえりのことであり
永遠に不滅である魂が
再生すること、生まれ変わることである。

一方リインカーネーション(輪廻転生)
 とは-

人の魂が
再び新たな肉体へと転生すること
生まれ変わることである。

という意味になるでしょうか。
リボーンも
リインカーネーション(輪廻転生)も
「生まれ変わり」ということについては
ほぼ同義ですね。

ただしリボーンについては
その副次的な意味である「再生」「復活」
というワードが裏付けるとおり
「魂の永続性」という点に
フォーカスする言葉であると思われます。

一方
リインカーネーション(輪廻転生)は
「新たな肉体をまとう」
「新たな肉体への転生」ということから
「魂の肉体化」という点に
フォーカスする言葉であるのだろうと
感じます。

「生まれ変わり」という
きわめてスピリチュアルな概念を
定義しながら
それぞれの言葉の焦点が
少しだけ異なっているような
そんなイメージでしょうか。

これはあくまでも
ひつじかいのオリジナルな見解です。

あなたのご意見はいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました