誤解しやすいバシャールの言葉を改めて点検してみた!

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

バシャールとは何者か?
また、バシャールは今回のコロナ禍を
どんなふうに見ているのか
ということについては
前回詳しくご紹介しましたので
興味のある人はこちらをご覧ください。

バシャールに聞いた新型コロナウイルスへの対処法とは?

 

今回はそのバシャールに関し
彼のあまたある語録のなかで
特に誤解をまねきやすい言葉について
確認をしてみました。

 

バシャールの言葉を確認するのに格好の教材とは・・?

こちらも
前回の記事のテキストとして紹介した

今ここが人生の目的地なんだという本の表紙
『今ここが人生の目的地なんだ』
(VOICE/2020)
を再度使っていきたいと思います。

 

この本は
バシャールの言葉に影響を受けた
日本の第一世代と目される山﨑拓巳氏と
バシャールとの対談
という形式をとっています。

 

さすがにバシャール歴の長い
山﨑氏だけのことはあり
卒なく対話を続けていきますが
途中で2箇所
バシャールから
言葉の誤読を指摘されます。

 

『今ここが人生の目的地なんだ』は
その誤読に関する山﨑氏の対応を
逐一公開しているところに
最大の価値がありますね。

 

バシャールの言葉の真意を
これだけ簡便に顕した書籍は
これまでなかったように思いますので
その意味でもこの本は
重要なバシャール本と言えるでしょう。

 

では山崎氏のチョンボ2箇所を
一つずつ見ていくことにしましょう。

 

◯◯しようと思っても、なかなか上手くいかなくて・・

本文159ページ
第6章「夢を叶える旅路こそが目的」
の中で、山﨑氏はこんな質問を発します。

 

 

 たとえば、僕が歌手になりたいと

 しましょう。

 そして、なかなか上手くいかいない、

 とします。その場合-

 

 

ここで突然バシャールが
山﨑氏の発言をさえぎったのです。
「なかなかうまくいかない」という
安易な仮定のフレーズに
バシャールの鋭い指摘が炸裂します。

以下本文から抜粋します。

 

「なかなか上手くいかない」という
表現をするなら、それは、
「こうなるべき」という想定を
していることになります。

自分の情熱に従って行動したのなら、
もうそれで充分なのです。

(中略)

皆さんの多くが誤解し、
混乱しているのがこの部分です。
自分で目標を設定して、
それを叶えるために頑張ろう
というのが自分の情熱に従うこと
だと思いこんでいます。
そして、その結果が起きなければ
ならない、と思っています。

 

だからその結果が
思うようなかたちで起きないときは
「上手く行かない」と考えてしまいがち。

しかし、実際はそんなに単純ではないと
バシャールは諌めます。

常に、すべての可能性に対して
オープンでいなければいけないのだと・・。

 

なぜなら、自分で結果を「これだけ」と
限定してしまうと
もっと良い答えに導かれたはずの流れを
逃してしまうことになるから。

 

つまり
「すべての可能性に対してオープンでいる」

とは

自分が想定していない可能性に対しても
門戸を開いているということなんですね。

 

ここは
しっかり押さえておきたいところです。

 

「豊かさ」にはいろいろなかたちがあるのだ!

本文212ページ、第7章
「自分の乗る列車は賢く選ぶ」中
山崎氏の何気ない質問に
バシャールの激が飛びます。

 

山崎氏は
こんな意味のことを発言したのです。

 

 バシャールがワクワクする生き方の
 大切さを教えてくれたことで
 多くの日本人が
 「本当の自分自身の人生」を
 選択し始めるようになった。

 そこで、サラリーマンを辞めて
 ワクワクすることで生きていこう
 もっと豊かになろうと
 フリーランスという働き方に
 チャレンジする人も出てきた・・。

 

ちょっと待ってください!

まず、自分の情熱に従うためには、
フリーランスでなければならない、
という必要はありません。
それに、
自分がやりたいことをすることで、
必ずしもお金を得なければならない
というわけでもないのです。
お金以外に豊かさを表現する方法は
あります。どんな形であれ、
自分に豊かさがもたらされるなら、
それでいいのです。

 

お金は確かに
シンボルとしてはわかりやすいが
豊かさを表す指標には
交換という手段や
シンクロニシティ
イマジネーション
といったような表現もある。

 

豊かさの表現として
「お金を稼ぐこと」に
こだわると
他のかたちでやってくる豊かさのドアを
閉ざしてしまうことになるのだと
バシャールは言うのです。

 

これが
山崎氏の2つ目のチョンボに対する
バシャールの回答でした。

 

山﨑氏のチョンボでわかったバシャールの言葉の持つ可能性

これまで日本人が誤読してきた
バシャールの言葉。
その最たるものが
山﨑氏の何気ないチョンボによって
明らかになりました。

そういう意味では
山﨑氏に感謝しなければなりませんね。

バシャールの言葉を完全に理解する

バシャールが指摘した2つのポイントに
共通していえることは-

 

自らの可能性に対して
常にオープンでいなさい。

 

ということではないでしょうか。

 

世界は私たちが考えている以上に
多種多様であり、千変万化します。
なぜなら
それらの多様性や変化も含めて
すべてがイリュージョンだからです。

 

自らの可能性に対して
常にオープンでいるということは
そのイリュージョンを
最大限楽しむための
心構えなのかもしれません。

 

どうかあなたも
あなたのワクワクを大切にして
あなたの道をお進みください。

 

タイトルとURLをコピーしました