幼虫からさなぎへ!天敵だらけのアゲハチョウの旅立ち

絵本発想のヒント

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

庭の片隅に
妻が植えたサンショウの木があります。
今ではひとの胸ほどの高さまでに成長し
彼女の思惑どおり
毎年アゲハチョウが卵を産みに訪れます。

今年も10匹以上の幼虫が誕生しました。

 

幼虫は当初は順調に成長をつづけますが
例年、ある時期をさかいに
その数が激減してしまうのです。

 

「スズメバチに連れいかれてしまうのよ」
と妻は悔しそうに顔をしかめます。

 

そこで今年は
サンショウの木に目の細かい網をかけて
スズメバチの襲撃を防ぐことにしました。
ところが、それでも数が減ってしまった
というのです。

その理由は?

 

調べをすすめていくと
科学絵本などではあまり触れられていない
ある恐るべき事実に行き着いたのでした。

・・・・・・

 

ということで今回は
華麗なる蝶、アゲハチョウの
過酷過ぎる旅立ち(天敵)について
レポートいたします。

 

天敵はスズメバチだけではなかった!

網をかけても数が減り続けることを
不思議に思った妻が
ある日じっくり観察をしているとー


アゲハチョウの幼虫が
カメムシに似た甲虫に捕獲され
体液を吸われていたのだそうです。

気がついたときには手遅れだったと
妻が痛々しい顛末を報告してくれました。

 

そうか、天敵はハチだけじゃないんだ。

 

このときはじめてひつじかいは
優雅に舞い踊るあのアゲハチョウも
「食物連鎖」という自然の営みと
無縁ではないという事実に
思い至ったのでした。

 

そこで
自然に抗う行為ではあると自覚しつつも
前述の網をかけることにしたのです。
しかしそれにもかかわらず
「全滅してしまった」のです。

 

幼虫がいないのであれば
木のためにも網を外してやらなければ
なりませんが
踏ん切りがつかず、ひつじかいは
何日もぐずぐずしていたのでした。

 

数日たったある日
ふとサンショウの木に目をやると
網の上部にできた三角の空間で
外に出たいと懸命に羽ばたく
一匹のアゲハチョウを目撃したのでした。

 

羽が傷まないうちに
早く外に出してやらなければ!

 

そう思ったひつじかいは
妻に報告するための写真を撮ることも
忘れ、木を覆っていた網を
手早く外したのでした。

 

さなぎ殻

アゲハ蝶の抜け殻

妻も見落としていた
天敵の攻撃をくぐり抜けた幸運な蝶が
無事に羽化し、旅立った瞬間でした。

 

あっ、さなぎを落としちゃった!

羽化したアゲハチョウを開放してやろうと
とにかくあせっていたひつじかいは
網を外している最中に
大変な失態を演じてしまいます。

サンショウの枝ではなく
網に着いて蛹化(ようか)していた
大切なさなぎを
あろうことか
地面に落としてしまったのです。

あわてて拾い上げて保護し
とりあえずはサンショウの葉をもいで
その上に置いてみたりもしましたが
どうにも座りが悪いのです。

 

羽化したアゲハチョウの抜け殻を
よくよく参照しながら
それと同じような角度になるよう
さなぎを慎重に動かしたりもしました。
しかし何だかとても不安定です。

 

そこで
ネットで調べてみました。

 

あまり期待はしていませんでしたが
懇切丁寧で的確なアドバイスが
動画仕立てでアップされていました。

 

世の中には妻と趣味を同じくする仲間が
こんなにも大勢いるのかと
半ば驚き半ば呆れもしました。

科学絵本に勝るとも劣らない
博識ぶりです。

 

これら同好の仲間たちが
異口同音に唱えていることは
アゲハチョウを天敵から守るためには
室内で飼育するのが一番!
ということでした。

 

特に枝から落としてしまった
(落ちてしまった)さなぎについては
特別に対応する必要があるとの指摘。

それがさ
なぎのための〈ポッド〉を用意する!

ということでありました。

 

見様見真似で作った〈ポッド〉はこちら↓

蛹のポッド

この〈ポッド〉の素材はカレンダーです。
それを枝代りの割り箸に固着して

(通常さなぎは、自分で分泌した糸で
 前後2箇所を枝に固定しています。)

自然の角度になるよう傾けます。
また、脱皮する際のとまり木(バー)が
必要だということでしたので
剪定した庭木の枝で代用しました。


こんなことは
科学絵本にも出てこないかも・・。

これでよし、と。
あとはどうか無事に羽化しますように!

 

さなぎの体内に寄生するもの

〈ポッド〉が完成したちょうどそのとき
妻が3つ目のさなぎを発見しました。
さなぎは周りの色に同調するのだそうで
サンショウの葉の色に紛れ
見落としていたのでした。

 

このアゲハチョウも羽化してくれれば
3匹の蝶を守ったことになるぞ!

 

ひつじかいはわくわくしながら
さなぎを愛おしむように見つめました。

 

その翌朝のことです。
さなぎの様子を観察したひつじかいは
異様な光景を目にし
その場でフリーズしてしまいました。

さなぎの体側に
2ミリ程度の微細な穴が空いていて
そこから何やら小さな羽虫が
もぞもぞと這い出してきたのです。

アゲハ蛹

「何だこれは!」
思わず声に出して叫んでいました。

急いで妻を呼びに走り
現場を確認してもらうと-

 

「残念だけれど
 この蛹はもう助からないわ!」

 

と妻の口から残酷な言葉がもれました。

 

ヤドリバエという寄生バエの一種が
さなぎの体内で成長し
羽化したところだというのです。

小さな穴からは
次々と小さなハエが飛び出してきます。

 

これではまるで
エイリアンじゃないか!

 

アゲハの幼虫

アゲハ蝶の幼虫


幼虫のころに卵を産み付けられた蝶は
大空を羽ばたくことなく
サンショウの木の枝で
不完全な一生を終えたのでした。

 

パソコンをたたくと
アゲハチョウに寄生する昆虫は
ヤドリバエだけではなくー

アゲハコバチ
アゲハタマコバチ
アゲハヒメバチ
アオムシコバチ

など寄生バチの仲間が多くいるとのこと。

 

妻が報告してくれた
幼虫の体液を吸っていた甲虫は
シマサシガメということも分かりました。

 

アゲハチョウの天敵は
それだけではありません。

カマキリ
クモ
トカゲ

そうして
あのトンボまでが該当するのだとか。



この年になるまで知りませんでした。
アゲハチョウの旅立ちが
こんなにも過酷だったとは・・。

 

え? おまえもか!

ヤドリバエの衝撃を引きずったまま
ひつじかいは
〈ポッド〉に保護したさなぎを
見守り続けました。

ところがさなぎの色が
次第にこげ茶色に変化し始めたのです。

念のため妻に見てもらうと
「このさなぎもダメかもしれない」
とショッキングな言葉が返ってきました。
「これもヤドリバエかな?」
「はっきりしたことは分からないけど
 寄生虫にやられているのは確かね」

 

でも、まだ生きているかも
しれないじゃないか・・・。

 

諦めきれないひつじかいは
それから何日も何日も
さなぎを見守り続けましたが
羽化することはありませんでした。

 

アゲハ蝶とコスモス

 

サンショウの木にとっては
葉を食べ尽くすアゲハチョウは害虫です。
ですからその害虫を食べる昆虫は
益虫ということになります。

 

喰うものは喰われるもの!

 

自然界のルールは

何と残酷で

理路整然としていることでしょうか!

 

ひつじかいのアゲハチョウを見る目は
すっかり変わってしまいました。
もっと早く知っていれば
虫に対するスタンスが
変わっていたかもしれません。

 

科学絵本は、幼虫の育て方とか
生態について説明するだけではなく
アゲハチョウの天敵についても
もう一歩踏み込んで
詳しく解説すべきではないでしょうか。

 

子どもは大人が考えている以上に
「大人びて」います。
食物連鎖などの自然の摂理についても
この機会に伝えておくことは
大人が想像している以上に大切ではないか

深く考えさせられたひと夏の体験でした。

タイトルとURLをコピーしました