『いやいやえん』はもう古い?主人公〈しげる〉も早や還暦!

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

ファンタジー『いやいやえん』表紙

久しぶりに
中川李枝子さんのファンタジー
『いやいやえん』(福音館書店)を
読み返してみました。

 

ストーリーはすっぽり頭から
「抜け落ちて」いましたが
主人公〈しげる〉のことだけは
覚えていましたよ、ちゃんとね。

 

だってこの本が発行されたのは
1962年(昭和37年)のこと。
だから〈しげる〉は
ひつじかいと似たりよったりの世代。
しかも、彼はもうすぐ還暦!

『いやいやえん』もずいぶん年をとっ-
いやいや
〈しげる〉もすっかり年をとったものと
我が身に引きつけて感慨もひとしおです。

 

ということで今回は
『いやいやえん』の主人公
〈しげる〉の行動をたどりながら
名作童話(ファンタジー)の世界観に
迫ってみたいと思います。

 

『いやいやえん』のあらすじとポイント

『いやいやえん』は
主人公〈しげる〉をめぐる
7つのエピソードを集めた
オムニバス形式により構成されています。

 

〈しげる〉は
ちゅーりっぷ保育園に通う4才の男の子。
天真爛漫なわんぱく盛りです。
いたずら好きが災いして
彼はときどき、ものおき(お仕置き部屋)
に入れられてしまいます。

 

これは今日でいえば
「虐待」に相当しますから
さすがに現代の保育園では
こんな仕置を受けている子どもたちは
いないだろうと思いますが
このファンタジーが書かれた当時
(昭和30年代半ばから40年代の初頭)
においては、日常茶飯でしたね。

 

まあ、この話題については
後でもう一度ふれることにしまして
『いやいやえん』のあらすじを
ひとまず追ってみることにしましょう。

 

 

この物語はファンタジーですから
保育園の年長さん(ほしぐみ)が
クジラを釣りに行ったり
〈しげる〉の組(ばらぐみ)に
山のクマ(こぐちゃん)がやってきたり
発育のよさそうな〈しげる〉が
オオカミにたべられそうになったりと
この4才児の周辺は
毎日とても賑やかなのです。

 

そんな〈しげる〉がある日
お父さんに買ってもらった赤い自動車が
女の子みたいな色だから気に入らない
といってダダをこねたことから
〈いやいやえん〉に行かされるはめに
なるのです。

 

7つ目のエピソードの見出しでもあり
このファンタジーのタイトルにも
かかげられている〈いやいやえん〉は
一風変わった保育園です。

正確に言えば、今日のフリースクール?
みたいなものに近いかもしれませんが
おばあさん(園長?)が
一人で運営している児童施設ですね。

 

この〈いやいやえん〉では
自分がいやだと思うことは
何一つしなくてもいいのです。

 

だから
赤がいやだという〈しげる〉の
クレヨン箱には
赤いクレヨンが入っていませんので
〈しげる〉はお気入りの消防自動車を
画用紙に描くことができません。

おやつの赤いりんご

おやつにりんごが出ても(丸々1個も!)
赤がいやだという〈しげる〉の前には
ぽつんとビスケットが置かれます。

 

けんかも自由
指しゃぶりも自由
みんなのお弁当箱には
好きなおかずだけが入っています。

 

そうしてわんぱく盛りの〈しげる〉は
早々にけんかを売って
からだ中傷だらけになってしまいます。

 

園長?が手当をしてくれますが
なんとも皮肉なことに
真っ赤な〈赤チン〉を
そこいら中に塗られてしまうのです。

 

いやなことは何一つしなくてもいい
保育園なんて
なんだか天国のように感じられるはず
ですが
〈しげる〉は
たとえ「ものおき」に入れられても
ちゅーりっぷ保育園のほうが
ずっとずっと面白いと思うのでした。

 

『いやいやえん』の世界観、ひつじかいはこう見る!

〈しげる〉が連れて行かれた
〈いやいやえん〉というのは
〈しげる〉の心を「反転させた世界」
なんだと思います。

 

物語の中では〈いやいやえん〉は
くだもの屋の前を右に曲がりその先の
ポストを左に曲がってすぐのところに
建っていることになっていますが

いやいやえんの本文イラスト

『いやいやえん』144ページ部分を掲載


「あれがいや、これがいや」と
言い始めると
そこはもう〈いやいやえん〉なんですよ
というわけです。

 

つまり〈いやいやえん〉というのは
ポストを左に曲がらなくても
どこにでもあるということ。
どこにでもあるのだけれど
鏡に写して反転させなければ
はっきりとは見えないということ。

 

〈しげる〉はわんぱくだけど
とても賢いので
すぐにそのことに気がつくんですね。

だから〈いやいやえん〉はきらい!と
はっきり言うことができたのです。



あの~
〈いやいやえん〉って
もしかしたら大人の社会にも
ありませんか?

あの人はいや

この人もいや

あの会社はいや

この会社もいや

 

冷静にまわりを見渡せば
〈いやいやえん〉ばかりです。
だって〈いやいやえん〉とは
あなたの心の反映だから!

 

・・・・・・

 

いかがでしょうか?
半分解釈みたいになってしまいましたが
こんなところが
中川李枝子さんの世界観ではないかと
ひつじかいは考えています。

 

『いやいやえん』の新しさと古めかしさと

ここまでお話ししてきましたように
『いやいやえん』の世界観自体には
古さというものは感じませんよね。
むしろ今日でも斬新なくらいです。

 

ところが
Amazonのカスタマーレビューなどを
読んでみると、どうやら
「子どもの人権」とか「ジェンダー」
などに関する部分に
違和感を覚える人が多いみたいなのです。

 

当時は普通だった「ものおき」
実態は「お仕置き部屋送り」もしかり。

 

そういうひつじかいも入れられましたよ。
でもそのときは園舎の建て替え中で
手頃な「ものおき」がなかったため
園長室に押し込まれてしまいましたけど。

 

あの日のことは
今でもはっきりと覚えています。
窓からは夏の日が差し込んでいるのに
まわりは妙に静かで
なんとも心細くて・・。

 

偶然でしたがオニヤンマが一匹
その部屋に迷い込んでいたんですね。
あのオニヤンマに救ってもらいました。
ここに閉じ込められているのは
ぼくだけじゃないんだと・・。
ふたりでおたがいに励まし合ったんです。

 

 

「ジェンダー」というのは
男の子だったらこうとか
女の子だったどうとかというお仕着せが
やけに暑苦しいということです。

保育園のお砂場あそび

さらにいえば
ちゅーりっぷ保育園には

 

なげないこと

ぶたないこと

ひっかかないこと

 

からはじまり
約束事が70も!あるんですね。

 

半世紀以上も前のお話しですから
いくらファンタジーとはいえ
ジェンダー観とかコモンセンスなどは
どうしても古びてしまうのでしょうね。

 

風俗を書く物語の宿命みたいなものです。

 

「当時はこんな社会通念があったんだ」
というふうに一定の距離を置いて
読み始めればいいわけですが
それができない人は
『いやいやえん』には
いやいやをしてください。(笑)

 

無理して読んでも
いやいやを地で行くことに
なってしまいますからね。

 

『いやいや~』というタイトルが「いや」

ひつじかいの妻はボランティアで
絵本や童話の読み聞かせをしています。
妻は何事においても
「肯定的な見方」のできる人ですが
このファンタジーのタイトルだけは
受け入れられないといいます。

 

「〈しげる〉の心を反転させた
 反語的なニュアンスがあるんだよ」

とひつじかいが説明をすると
それはよくわかっているというのです。
わかってはいるけれど
「いやいや」という言葉がもつ
ネガティブな響きが「いや」なのだとか。

 

そういわれてみれば、ひつじかいも
かすかに「ひっかかり」を感じていたな
と思いました。
それがこれ!ということでしょうか?

 

絵本やファンタジーなど
子どもの読み物のタイトルというのは
とても重要だなと思います。

 

万人に気に入られるタイトルというのは
そうそう見つけられるものでは
ないかもしれませんが
すくなくともひつじかいは
妻にだけは気に入ってもらえるよう
努力したいと思います。(笑)

 

でも今回取り上げた『いやいやえん』。
このネーミングの効果で
ここまで版を重ねてきたことも
確かなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました