どうすればいい?後悔の念に駆られてばかのこの毎日を!

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

後悔とは-

 

「前にした事を後になって悔いること」

と辞書にはあります。
しかし・・

 

アメリカの社会心理学者
トーマス・ギロビッチが
こんなことをいっているそうです。

 

 人間は

 行動した後悔よりも

 行動しなかった後悔の方が

 深く心に残る。

 

と・・。

 

 

胸に手を当て、これまでの
過ぎ越し方を振り返ってみるまでもなく
ひつじかいはこの言葉に
思わず頷いてしまいました。

 

思いもよらないときに
「記憶」というメモリーの底から
突然湧き上がってくる後悔の念の多くは
「前にした事」ではなく
「行動しなかった事」
「やらなかった事」に基づくものが
圧倒的に多いと感じているからです。

 

ちなみに
ギロビッチ先生によると
「行動しなかった事」による後悔は
全体の75%を占めているのだとか・・。

 

 

当たり前と言われればそのとおりですが
やってしまったことは
取り返しがつきませんし
やらなかったことについては
今さらどうすることもできません。

 

海を見ている彼女の背中

それでも
やり場のないこの気持ちは
いったいどうしたらいいのでしょうか?
もう一度あの日に帰って
「あなたのことが好きだ」と
伝えたいだけなのに・・・

 

どうせ後悔の念に駆られるくらいなら「やってみる」しかない?

思ってるだけで何もしないんじゃな
愛してないのと同じなんだよ。

お前の気持ちを
相手に通じさせなきゃ・・

愛してんなら態度で示せよ。

 

『男はつらいよ 寅次郎の青春』
第45作(1992年)より

 

ひつじかいが愛してやまない
かのフーテンの寅さんも
たった一人の甥っ子、満男に向かって
こんなふうに諭していますよね。

 

態度で示せ
つまり、行動しろと・・

 

また
シンガーソングライターの
中島みゆきさんは
こんなふうに歌っています。

 

どうしてどうして素直に
貴方に心を伝えなかったか
後悔してる
貴方は遠くで私を忘れる
朝が来るまでに1人に戻っている

中島みゆき作詞・作曲
『後悔』より抜粋

 

ここに取りあげたふたつの例は
「恋」についてのお話しですが
後悔というのは-

「恋愛」「結婚」「離婚」「不倫」
「家族」「友人」「隣人」「人間関係」
「就職」「転職」「離職」「退職」
「ギャンブル」「お酒」「喫煙」「借金」
「病気」「告知」「終活」などなど

人生のありとあらゆる局面に
からんでくるしがらみでもあるわけです。

 

あのとき-

どうしてどうして
素直に伝えなかったのか・・

どうして行かなかったのか・・
どうして謝らなかったのか・・
どうしてやめなかったのか・・
どうしてそれをしてあげなかったのか・・
・・・・・・

どうしてああしなかったのか・・
こうしなかったのか・・

わかっていたはずなのに
どうしてどうして
どうして・・

 

「破鏡再び照らさず」
という諺があります。

 

割れて
光りを照り返せなくなった鏡のことを
いつまでもいつまでも思い返すのは
もうこのへんでやめにしましょう。

 

ギロビッチ先生ではありませんが
「やらなかった」後悔の方が
断然多いというのならば
「やればいい」わけですから
簡単なことです!(汗)

 

ということで
次のセクションでは
後悔しないための処方箋について
いくつかご紹介しておきたいと思います。

 

後悔の念に駆られないための処方箋

「やらなかったこと」を
やり直すことはできませんので
これから先は、これから先のことを
考えることにしましょう。

朝の森に日がさしている

これからは、後になって
「ああすればよかった」
「こうすればよかった」と
くよくよ後悔しない生き方に
徹すればいいわけです!

 

死ぬときに後悔しない生き方

『死ぬときに後悔しない生き方』
内藤いづみ・著/総合法令出版/2019

 

「終わりよければ全てよし」と
かのシェイクスピアも言っています。
人間、死を目前にして後悔がなければ
これほど幸福なことはありません。

この本で取りあげられている人々の
「逝き方」を
しっかりと胸に焼きつけておきましょう。
これを読めばあなたの過去のできごとも
遠くかすんで見えてくるはずです。

後悔の念に駆られずに逝くための生き方が
イメージできます。

 

 

今ここが人生の目的地なんだという本の表紙

『この瞬間より大事なものなんてない
 今ここが人生の目的地なんだ
 Bashar×山崎拓巳』
ダリル・アンカ&山崎拓巳・著/ヴォイス/2020

 

スピリチュアル系の書物です。
タイトルがものすごく長い本ですが
内容を的確に表現しています。

つまり-

 

わたしたち人間にあるのは

「今」というこの瞬間だけ。

だから、これ以上大切なものは

どこにも存在しない。

 

という「時間」の概念に関する定義を
敷衍(ふえん)した言葉です。

 

至上である「今」の
「ここ」が目的地だという言葉には
強烈なインパクトがあります。

 

後悔の念に駆られてばかりの
「今」のわたしの〈くよくよ〉も含めて
ここが
「今生のあなたのステージ」なんですよ
という趣旨のことをいっています。

 

Bashar(バシャール)という存在を
全く知らない人でも
大きな刺激を受けることでしょう。

 

Basharは、チャネラーである
ダリル・アンカを通して
こんなメッセージも伝えています。

 

あなたが過去に自分で選択したことで、上手くいかなかったことがあるのなら、そこから教訓は学べますよね。もしそうなら、次からはもっと良い選択をすればいいのです。あなたがそのことを意識しようがしまいが、過去に自分が選択したことには、すべてのことに意味があったのです。

『この瞬間より大事なものなんてない~』
(38~39ページから抜粋)

 

「上手くいかなかったこと」を
「後悔したこと」に置き換えれば
文意は通じるはずです。

 

それでも
絶対に後悔の念に駆られたくない
もっと前向きに生きたいという人には-

 

『嫌なこと、
 全部やめても生きられる』
プロ奢ラレヤ-・著/扶桑社/2019

 

著者はプロの奢ラレヤ-
つまり「奢られ屋」ということです。

なんともふざけたペンネームですが
本人はいたって真面目です。
こんな仕事が成り立っていること自体が
オドロキでしょう?

 

書物の中身もいたって真面目です。
あなたの目からも
きっと大きな鱗が落ちるはず。

こんな生き方があることを
知ってしまうと
後悔の念に駆られているひまなんて
ありませんね。

手にとってみる価値はあると思いますよ。

 

でも、いきなり舵を切れないという人には・・

ジグソーパズルを完成させるみたいに
こつこつと生き方を変えていきたい
いきなりは大きく舵を切れないという

そんなあなたに-

小さな習慣の本の表紙

『小さな習慣』
スティーブン・ガイズ著/田口未和翻訳
/ダイヤモンド社/2017

 

をおすすめします。

 

どんなことでも
習慣化することができれば
大きなタスクを成し遂げることができる
という信念に基づいて書かれた書物です。

 

小さな習慣を侮るなかれ!

 

千里の道も一步からと
かの老子も宣っています。
始めてみようではありませんか
小さな一步から・・

 

本当に小さな一步ですから
最初は「笑っちゃう」かもしれません。
でも、それが肝心。
笑いながら楽しみながら
こつこつと続けていきましょう。

 

小さな習慣を習慣化できたら
あなたには
怖いものなどありません。

気がつけばあなたは
もう後悔の念になど駆られることのない
強靭な歩みを
歩んでいることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました