落選記録またもや更新!18回目の絵本コンクール入選ならず

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

昨年の11月に
ひつじかいが挑んだ18回目の
〈絵本コンクール〉。

 

少し前に
審査結果が発表されました。

 

あなたには今度こそ
「かっこいいところを」
お見せしたかったのですが
ひつじかいの作品は
またもや 
選外!
でありました・・・。

 

最優秀賞・1作品
優秀賞・5作品
奨励賞・10作品
入選作品計16遍に

投稿作『おつきみくださ~い』は
「からむ」ことができなかった
というわけですね。

 

連続落選記録を更新しました!

 

ここまできますと

なんだか

笑っちゃいますね。

いいかげん

おまえも「ひつこい」なって。

 

入選できなかった作品ですから
あなたにお読みいただいても
あまり参考にはならないかもしれません。

でも
校了直前に手直ししたところとか
審査員のコメントなど
少しは
役立つ部分もあるのではないかと
考え直して
公開することにしました。

よろしかったら
どうぞご笑覧ください。

 

『おつきみくださ~い』(最終投稿版)

注:緑太字の部分が
  最終的に手を入れたところです。

→ 校了前の原稿はこちらからどうぞ! 

 

□1

「うさぎさんは どうして 

 おはなし しないの?」

ようちえん の かえりみち

なっちゃんは ママに ききました。

「ことりさんは あんなに

 おしゃべり してるのに・・・」

ママの こたえは

「さあ どうしてかしら?」

だって。

 

ママにも わからないことが あるみたい。

 

□2

きょうは じゅうごや おつきみです。

おつきみといえば おかし でしょ!

 

えっ おかし?

 

そうですよ。

なっちゃんの いえの きんじょでは

おつきみのひに 

おかしを もらえるの。

 

□3

ゆうがたに なりました。

いよいよ おつきみの はじまりです。

 

お姉ちゃん

 

おねえちゃんは げんきよく

おとなりさんちへ でかけていきます。

おつきみくださ~い

 

まってよ まって おねえちゃ~ん。

 

□4

えんがわには おばあちゃん。

すすきに おだんご 

それから もちろん おかしもね。

おつきみ どうぞ

おまんじゅうの おすそわけ。

ありがとう おばあちゃん

 

おつきさま いただきま~す。

 

□5

つぎは どこへ いこうかな。

そうだ パンやさんを わすれていたわ。

 

おつきみ くださ~い

こんやは とくべつ、おつきみパン

 ですよ

 

わ~い うれしいな。

はやく たべたいね。

 

□6

あ おつきさまが 

くものかげに かくれちゃったわ!

なんだか しらない まちに

いるみたい。

 

□7

おねえちゃん もうかえろうよ

なっちゃんが しんぱいそうに

いいました。

あのね、ふくろが いっぱいになったら 

 かえるから・・・

 

なっちゃんの これ

こんなに おおきいんだってば!

 

□8

おねえちゃんが かきねを まがる。

なっちゃんも いそいで まがるね。

 

あれ? 

おねえちゃんは どこ?

どこにいるの おねえちゃん? 

こっちかな?

このいえの おにわかな・・・?

 

□9

おにわに はいると

ふしぎな おとが しています。

ぺったん ぺったんってね。

 

うさぎが

おもちつきを しているのです。

 

あなたたち どこからきたの?

おつきさまから?

それとも

ようちえんの おつかい かしら?

 

□10

なっちゃんが 

じ~っと ようすを みていると

ひだりの うさぎが きがついて

「こっちへ おいで」

と こえをかけて くれました。

 

□11

「さあ やってごらん」

みぎの うさぎが

きねを わたしてくれました。

「わたしに できるかな?」

なっちゃんが そう いうと

「へいき へいき」

うさぎは なんだか うれしそう。

 

□12

ぺったん ぺったん

ぺったん ぺったん

つきの あかりに てらされて

なっちゃんと うさぎの もちつきが

はじまりました。

 

なっちゃんが わらっています。

うさぎも わらっています。

 

□13

ぺったん ぺったん

ぺったん ぺったん

 

「なっちゃん ここに いたの?」

 

ママのこえに おどろいて

まわりを みると

うさぎの すがたは 

もう どこにも ありません。

 

□14

「ママ うさぎさんはね

ほんとは おはなし、できるんだよ」

なっちゃんが いいました。

「そう それは すてきね」

ママは にっこり わらいました。 

 

□15

「ねえ このおもち まだ あたたかいよ」

おねえちゃんは 

めを まあるくしています。

 

なっちゃんは 

おつきさまに むかって

おおきな こえで いいました。

 

「おつきみ いただきま~す

てね。

 

(おわり)

 

結果通知にはこんなコメントが・・

コンクールの主催者からは
おおむね次のような内容の通知書が
届きましたよ。

結果通知は観覧車のようにゆるやかに回っていく。

 

結果通知(推薦作)

 

今回応募いただいた作品は
結果的に入選は逃したものの
わたしたちは
この作品に出会えたことを
嬉しく思います。

 

*月の不思議さとでもいうのでしょうか
 ミステリアスな部分が
 「うさぎ」とともにあれば
 絵本としての面白さが
 もっと浮き上がってくるでしょう。

 

*題材についてはとても可愛らしく
 よい選択だと思います。

 

*全体としての不思議さが
 いまの2倍くらいになれば
 物語が輝きますよ。

 

(推薦作)というのは
入選は果たせなかったものの
潜在的な可能性を秘めた作品として
提携出版社編集部との協議を推薦したい
というものです。

 

『おつきみくださ~』とは別に
昨年の秋から進めてきた
※「やまかじ~」のストーリーがなければ

→ 記事の確認はこちらから!

 

このお話しにすがりたいところですが
「やまかじ~」の方にも
動きが出てきたようですので
当面はそちらに専心したいなと
思っています。

 

さて・・・

ひつじかいが
いま暮らしている地域に伝わる
不思議な習俗をもとに書き上げた
『おつきみくださ~い』
いかがだったでしょうか?

 

「推薦作」とはなりましたが
絵本コンクールでの入選は
またまた「おあずけ」と
なってしまいました。

 

18回目の落選も何するものぞ
ひつじかいの
絵本づくりに向けたチャレンジは
ここからがいよいよ本番です。
これからも引き続きお読みいただければ
幸いです。

 

また
あなたの感想などをお聞かせいただければ
うれしく思います。

 

 

※こちらの記事も、いかがですか?

 

求心力が高まらなくては「企画が立たない!」んだって?】
📑企画を立てるってそういうことなんだ!ひつじかいの出版企画書奮闘

【こころがいそがしいあなたも時には子どもに還ってみて!】
📑ファンタジックな小淵沢絵本美術館で少年に還る〈ひつじかい〉

出版企画会議を通っていないのに出版契約を結んだんだって?】
📑ひつじかい〈ついに絵本の出版契約成立!〉でも喜べないのはなぜ?

【子ども向けの絵本を〈大人向け〉に解釈してみました。】
📑ひつじかい〈見つめるひとに開示される〉絵本『よあけ』を読み解く

【独創性を磨くためにも想像力を鍛えることが大事です!】
📑絵本出版への近道?すきま時間に〈想像力を使って想像〉してみた

【絵本の出版に近づくために〈自己肯定〉ということを学びました。】
📑ひつじかい絵本のストーリーを練り直す「自分で自分を認めてやろう」

出版企画書とは人生のある局面を再設計したようなものですね。
📑著書執筆のための設計図?〈出版企画書1Dayセミナー〉後編

【このお話しの結末は「あえて残念なまま」ですよ。】
📑ひつじかいの〈何度落ちてもコンクール〉オリジナル童話『あ!』公開

【子どものころのワクワクを思い出すテクニックになるかも。】
📑ひつじかい〈子どものころの心持ち〉で絵本のアイデアを探してみる!

【絵本のストーリー〈メイキングバージョン〉を公開しています。】
📑『おつきみくださ~い』絵本オリジナルストーリーをブラッシュアップ』

絵本を書くその前にやらなければいけない作法があるのです。】
📑絵本づくりのプロがいう「子どものころの心持ち」ってなんだろう?

【「詩とメルヘン」にやなせさんが選んでくれた一遍の詩】
📑【絵本作家への道】ひつじかいとやなせたかしさんとの小さな接点?

【持ち込みにこだわらず「情報を発信し続けること」が大切なんです!】
📑オリジナル絵本を世に出したい!出版社への持ち込みってどうなの?

タイトルとURLをコピーしました