『おつきみくださ~い』絵本オリジナルストーリーをブラッシュアップ

肌をブラッシュアップするように オリジナルストーリー
ブラッシュアップ!

こんにちは、もりのひつじかいです。

今日は
絵本の原稿を12等分するという方法で
ブラッシュアップした
ひつじかいのオリジナルストーリー

『おつきみくださ~い』の〈完成版〉を
お届けします。

主人公の女の子と
おもちをつく「うさぎ」との
出会いのシーンを
杵音だけが聞こえる静寂のなかに
設定し直してみました。

おつきみ

次のメイキングバージョン(リンク有)と
比べてみてください。

説明をカットしていくプロセスが
おわかりいただけるかと思います。

詳しいことは
付録に書き出した旧バージョン
〈リライト途中経過版〉に
お示ししましたので
そちらもあわせてご確認ください。

なお、原稿を12分割するところから
ブラッシュアップするまでの
一連の流れを確認したい場合は
次の順番で記事を開いてくださいね。

1 実践!〈絵本ストーリー作成〉

2 絵本ストーリーを練り上げる! 

スポンサーリンク

『おつきみくださ~い』〈完成版〉

□1

うさぎさんは どうして なかないの?

 

ようちえん の かえりみち

なっちゃんは ママに たずねました。

だって うさぎさんと きたら

もぐもぐ たべて いるばかり。

つまらないんだもの!

 

さあ どうしてかしら?

ほんとうは うさぎさんも 

ないてみたいのかも しれないわね。

 

□2

きょうは じゅうごや おつきみです。

おつきみといえば おかし でしょ!

えっ おかし?

そうですよ。

なっちゃんの いえの きんじょでは

おつきみのひに 

おかしを もらえるんだって。

 

だから なっちゃんも 

おかしを いれる ふくろ

ようい しましたよ。

 

□3

ゆうがたに なりました。

いよいよ おつきみの はじまりです。

ことしは おねえちゃんと いっしょ。

お姉ちゃん

 

おつきみくださ~い。

 

おねえちゃんは いき ようようと

おとなりさんちに はいっていくの。

 

まって まってよ おねえちゃ~ん。

 

□4

えんがわには おばあちゃん。

すすきに おだんご それから おかしも。

さあさ めしあがれ おつきさま。

 

おつきみ どうぞ。

 

おばあちゃんが

おまんじゅうを わけて くれたわ。

 

ありがとう おばあちゃん。

 

おつきさま いただきま~す。

 

□5

つぎは カブくんどうぶつびょういん。

ここではね

おおきな おかしが もらえるの。

みんなには ないしょ ないしょだよ。

 

おつきみくださ~いって いおうとしたら

ぽんぽんって いれてもらっちゃった!

えへへ。

 

□6

あたりは だんだん くらくなって

おつきさまも

くもの うしろに かくれちゃったの。

 

ねえ おねえちゃん かえろうよ。

まだよ まだ

これが いっぱいに なったら

かえるから。

 

でも

なっちゃんの ふくろ

こんなに おおきいんだよ!

 

□7

おねえちゃんが かきねを まがった。

なっちゃんも いそいで まがるね。

 

あれ? 

おねえちゃん?

おねえちゃんが いない!

どこ? 

どこにいるの おねえちゃん? 

ここ かな?

この おにわにかな・・・

 

□8

おにわに はいると

あたりは きゅうに し~んとなって 

ぺったん ぺったんの おとだけが

どこからともなく ひびいてきます。

 

よくみると 2わのうさぎが

おもちつきを しているところ。

ふしぎね ふしぎ。

あなたたち

おつきさまから やってきたの?

それとも 

ようちえんからの おつかい かしら?

 

□9

おもちつきが 

とっても たのしそうなので

なっちゃんも 

やってみたく なったんだって。

そこで ゆうきを だして

 

おつきみ くださ~い

 

て いいました。

あれ ちがうかな?

 

□10

すると 

1わの うさぎが

おおきな こえで

 

おつきみ いっちょう!

 

て いいました。

すると べつの うさぎも

 

おつきみ どうぞ!

 

と こたえると

つきたての おもちを 

くるくるっと まるめて

なっちゃんの ふくろに

いれて くれたんだって。

 

□11

おねえちゃんが ばたばたと

ママといっしょに かけて きたのは

そのから すぐの ことでした。

おそらでは 

ちょうど おつきさまが 

かおを みせたところです。

 

おねえちゃん

これ いっぱいに なったから

かえるよ。

 

□12

みんなは 

なっちゃんから もらった おもちを

ふしぎそうに ながめました。

それは おつきさま みたいに 

まんまるで

てに とると 

ほのかに ぬくもりが 

のこって います。

 

ママ

うさぎさんって 

おはなしが できるんだよ。

 

そうなの

だから なかないのね。

 

ママはそういうと 

うれしそうに わらいました。

 

(おわり)

付録 ※旧バージョン〈リライト途中経過版〉

メイキングバージョンとの比較に関し
もう少し明確にご理解いただけるよう
主要なポイントについて
リライト経過を表示してみました。

ご参照ください。

緑の文字で示した表記が
ブラッシュアップする前の状態です。

※削除した箇所につきましては
見え消しで処理をしています。

なお、追加した文言には
アンダーラインを引いています。

また、本分の「視覚」的な効果を考え
ブラッシュアップ版では
句点を全て削除しています。

では、どうぞご笑覧ください。

 

□1

うさぎさんは どうして なかないの?

 

ようちえん からの かえりみち

なっちゃんは ママに たずねました。

さっき キャベツを あげたときだって

うさぎさんと きたら

もぐもぐ たべて いるばかり。

つまらないんだもの!

 

さあ どうしてかしら?

ほんとうは うさぎさんも 

ないてみたいのかも しれないわね。

ママが ぽつりと いいました。

 

□2

きょうは じゅうごや おつきみです。

おつきみといえば おかし でしょ!

えっ おかし?

そうですよ。

なっちゃんの いえの きんじょでは

おつきみのひに 

おかしを もらえるんだって。

 

だから なっちゃんも 

こんなに おおきな

おかしを いれる ふくろ

ようい しましたよ。

 

□3

ゆうがたに なりました。

おでかけの じかんが やってきました。

いよいよ おつきみの はじまりです。

なっちゃん ことしは おねえちゃん

ついて いこうかな。

だって ママと いっしょだと

かえって はずかしいもの。

と いっしょ

お姉ちゃん

 

おつきみくださ~い。

 

おねえちゃんは いき ようようと

おとなりさんちに はいっていくの。

 

まって まってよ おねえちゃ~ん。

 

□4

えんがわには おばあちゃん。

すすきに おだんご それから おかしも。

さあさ めしあがれ おつきさま。

 

おつきみ どうぞ。

 

おばあちゃんが じぶんで こさえた

おまんじゅうを わけて くれたわ。

 

ありがとう おばあちゃん。

 

おつきさま いただきま~す。

 

□5

つぎは カブくんどうぶつびょういん。

ここではね

おおきな おかしが もらえるの。

みんなには ないしょ ないしょだよ。

 

おつきみくださ~いって いおうとしたら

ふくろに ぽんぽんって

いれてもらっちゃった!

えへへ。

 

□6

あたりは だんだん くらくなって

さっきまで かおをだしてた おつきさまも

くもの うしろに かくれちゃったの。

 

ねえ おねえちゃん かえろうよ。

まだよ まだ。

ふくろこれが いっぱいに なったら

かえるから。

 

でも

なっちゃんの ふくろ、

こんなに おおきいんだよ!

 

□7

おねえちゃんが かきねを まがった。

なっちゃんも いそいで まがるね。

 

あれ? 

おねえちゃん?

おねえちゃんが いない!

どこ? 

どこにいるの おねえちゃん? 

ここ かな?

この おにわにかな・・・

 

□8

おにわに はいると

あたりは きゅうに し~んとなって 

ぺったん ぺったんの おとだけが

どこからともなく ひびいてきます。

 

よくみると 2わのうさぎが

おもちつきを しているところ。

あははは。へんなの? 

ふしぎね ふしぎ。

うさぎさんが おもちつき だなんて。

あなたたち

おつきさまから やってきたの?

それとも 

ようちえんからの おつかい かしら?

 

□9

おもちつきが 

とっても たのしそうなので

なっちゃんも 

やってみたく なったんだって。

なかまに いれてと いいたくて

そばまで いくと

そこで ゆうきを だして

 

おつきみ くださ~い

 

て いいました。

あれ ちがうかな?

 

□10

すると 

1わの うさぎが

おおきな こえで

 

おつきみ いっちょう!

 

て いいました。

すると べつの うさぎも

 

おつきみ どうぞ!

 

と こたえると

つきたての おもちを 

くるくるっと まるめて

なっちゃんの ふくろに

どっさり いれて くれたんだって。

 

□11

おねえちゃんが ばたばたと

ママといっしょに かけて きたのは

そのから すぐの ことでした。

おそらでは おおきな じゅうごやの

ちょうど おつきさまが 

かおを みせたところです。

 

おねえちゃん

ふくろこれ いっぱいに なったから

かえるよ。

 

□12

みんなは 

なっちゃんから もらった おもちを

ふしぎそうに ながめました。

それは おつきさま みたいに 

まんまるで

てに とると 

ほのかに ぬくもりが 

のこって います。

 

ママ

うさぎさんって 

おはなしが できるんだよ。

 

そうなの

だから なかないのね。

 

ママはそういうと 

うれしそうに わらいました。

 

(おわり)

分割(等分)し絵本仕様の原稿に仕立て直す

絵本の原稿を12等分するという方法で
調整しブラッシュアップした
オリジナルストーリー
『おつきみくださ~い』の〈完成版〉
&〈リライト途中経過版〉
いかがでしたでしょうか?

あなたも実際にやっていただければ
より実感がわくかと思いますが
この手法は
オリジナルストーリーを
半ば強制的に等分することで
絵本仕様の原稿(ダミー版)に
自動的に仕立て直すことができます。

イルカだってブラッシュアップ!

ですから
ここからブラッシュアップに進む手順は
ずいぶんとすっきりしています。

ダミーだろうが何だろうが
とりあえず「かたち」を整えるべし
というこの分割法
オリジナルストーリーの
ブラッシュアップツールとして
かなり使える!
のではないでしょうか。

 

※あわせてこちらもお読みください。 
↓↓↓

作品に一番重要なものってわかりますか?それが独創性なんです。】
📑〈ひつじかいの絵本出版への道〉作品に求められる【独創性】とは?

【ひつじかいお気入りの1冊で絵本的なレトリックを学ぼう】
📑もりのひつじかい一押しの絵本『よるくま』をレビュー

絵本を書く際の大事なポイントをひつじかいは失念していたみたい!】
📑【絵本出版への道】ひつじかい面談後のメールにはっとする!

【リライトした原稿がまさかの全面書き直しなんて!】
📑この絵本ストーリーでは「企画が通らない?」ひつじかいも大ショック!

【絵本を出版するためには覚悟とお金が必要なんです!】
📑絵本作家になるための覚悟 出版に関する決断とお金について

 

タイトルとURLをコピーしました