〈グリム童話賞に挑んだ〉ひつじかいの オリジナル童話『あ!』

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

このブログでも
これまでに何回かお伝えしてきましたが
ひつじかいはこれまでに
絵本のストーリーや童話のコンテストに
あわせて18回応募しています。

今日ご紹介するのも
そんな投稿作品のなかの一作です。

シマリスの子どもたちを主人公にした
短編童話ですね。

シマリス

 

 

 

 

「グリム童話賞」
というコンテストの募集に応じた際の
オリジナル原稿に
若干の手を加えたものです。


ちなみに2020年度は
主催者の都合で「一回休み」
となってしまうようですが(珍しい)
2021年度には再開するらしいので
「グリム童話賞」ファンのあなたには
朗報ですね。


 

ところで
絵本や童話の読み聞かせボランティアに
長年携わっている妻にいわせると

「この童話『あ!』の結末は
とても残念なかたちになっている」
そうです。

絵本でも童話でも
子どもを〈がっかり〉させたままで
終わってはいけないのだ
そうでして
落選して当然!
と手厳しい限りですね。

 

でもね・・と

ひつじかいは思います。

子どもの世界にも

「不合理」なことのひとつやふたつは

きっとあるはずだろうって。

 

大人はそれを
忘れてしまっているだけなんじゃ
ないのかな・・?

 

だから
この童話の結末は
とても「残念なかたち」のままです。
あなたもきっと
がっがりされることでしょう。

がっかりされるだけでなく
もしかしたら

???

となってしまうかもしれませんね。

 

ですから、はじめに謝ってしまいます。
「ごめんなさい」。

そのうえで
ひつじかいが仕掛けた「がっかり」と

???

の部分を
じっくり考えていただければと思います。



では、お待たせしました
どうぞお読みください。


『あ!』

きのうあたりから
こずえをふきぬけるかぜが
つめたくかんじられるように
なってきました。
こがらしのきせつが
もうそこまできています。

 

くぬぎのもりでは

そんな、さむさなんかものともせずに
しまりすのこどもたちが
げんきいっぱいあそんでいます。

 

「うわー、こんなところに
おおきな、こんぺいとうがおちているよ」

さいしょに
ひろばへかけこんだキラくんが
さけぶようにいいました。
そのめは、きらきらとかがやいています。

こんぺいとう

「あら、ほんとう。
こんなにおおきなこんぺいとう
これまでにみたことがないわ」

おひげがじまんのピンコちゃんが
じまんのおひげを
ぴんぴんとふるわせました。

 

「ねえ、はやくたべようよ」

まんまるおなかのマルくんは
いまにもかじりつきそうです。

 

「そうだ、たべるまえに
ほかのみんなにもしらせておかなくちゃ」

おみみがじまんのミミちゃんが
あわててはしりだそうとしました。

 

「まって、まってよ」

キラくんが
りょうてをひろげて、さえぎりました。

「そのまえに、これをかくしておこうよ。
しらせにいっているあいだに
だれかにたべられちゃたら
くやしいだろう?」

「それも、そうね」

ミミちゃんは
てれくさそうにわらいました。

 

「でも、これが、おとしものだったら
どうするの?」

ふさふさしっぽの、フサちゃんは
なんだかしんぱいそうです。

 

「えっ、おとしもの?
これが?
ねえ、フサちゃん
このこんぺいとうはね
くまさんのおしりよりもおおきいんだよ。

こんなにおおきなものを
いったいだれがおとしたっていうの? 
だいいち
これがすっぽりはいるポケットなんて
ぼく、みたこともないや!」

キラくんが
しんけんなかおでいうので
フサちゃんも
ようやくあんしんしました。

 

「それじゃ、いいかい
これを、ころころころころころがして
あそこのくぼみにおとすよ。
そうして
うえからはっぱをかけておけば
すぐにはみつからないからね」

「よーし、やろう」

マルくんが、はずんだこえをあげました。

 

「せーの、いち、にい、さん!」

みんなが、いきをあわせたところで
マルくんのおなかが
「ぐー」となったものですから
おもわずちからがぬけて
どっと、わらいころげてしまいました。

きをとりなおして
もういちどおしてみましたが
こんぺいとうは
うんとも、すんともいいません。

すると、こんどは
キラくんのおなかが「ぐー」。
みんなが、くすっとわらいました。

 

「やい、なにがおかしいんだよ」

さっきはひとのことをわらったくせに
キラくんは
ぷくっとふくれてしまいました。

 

「やっぱり
ほかのみんなをよんでこようよ」

ミミちゃんがそういうと
キラくんは
ますますふきげんになるいっぽうです。

 

「もう、いいよ。
これをころがすのは、もうやめだ。
ぼくがさいしょにみつけたんだから
ぼくがいちばんにたべるからね」

キラくんは、ひをあびて
おほしさまのようにかがやきだした
こんぺいとうに
かりっと
ちいさな、はをつきたてました。

「あいたたたたたたた!」

「だいじょうぶ?」

ミミちゃんがしんぱいそうに
キラくんのおくちをのぞきこみました。

 

「おもったよりもかたそうね。
おりょうりにでもつかうしかないかしら」

ピンこちゃんは
おひげをきゅっきゅっとしごきながら
ぶつぶつひとりごとをはじめました。

 

「これを、おおきなおなべで
ぐつぐつとにて・・
たっぷりクルミをいれて・・
あまいあまい
さとうのおかしでもつくろうかしら。
それとも……」

砂糖菓子

みんなは、うっとりとめをとじました。
すると、なんだかほんもののおかしが
めのまえにあらわれたような
そんなきもちになりました。

 

「もうだめ、もう、ぼく、これいじょう
たべられないや!」

そういうとマルくんは
おおきなげっぷをひとつしました。

 

「マルくんたら
ほんとうにくいしんぼうなんだから。
でも、マルくんみたいにたべちゃったら
すぐになくなってしまうでしょう。
だからわたしはね、このこんぺいとうを
ふゆのたべものにしまっておくの。
そうすれば、ふぶきのよるに
おそとにでかけなくてもすむもの」

 

フサちゃんにいわれて
しまりすのこどもたちがみみをすますと
あの、おそろしいうなりごえが
とおくからきこえてきました。

しかも

それが、だんだんちかづいてきます。
そんなくらいよるに
おうちでぬくぬくしていられたら
どんなにしあわせなことでしょうか。

 

「だけど
こんなにおおきなこんぺいとう
わたしたちのおうちには
はいりきらないわ!」

ミミちゃんのこえで
みんなは、はっとめをあけました。

ミミちゃんは、つづけて

「わたしに、めいあんがあるの。
このこんぺいとうをね
まるごとおうちにしてしまうのよ!
ええ、わかっているわ
これはとってもかたいから
もぐらさんにおねがいして
てつのシャベルをかりるのよ」

「シャベルでどうするの?」

マルくんが、もどかしそうにききました。

「はじめに、まどをひとつあけるのよ。
そこからなかへはいって
ちいさなおへやをつくるの。
そうして、そのおへやを
まいにちすこしずつたべていくのよ。
そうすれば、いつのまにか
ひろいおへやのある
りっぱなおうちができるでしょう」

 

ああ、それは
なんてすてきなおうちだろうと
みんなはおもいました。
たべられるおうちなんて
きいたこともありません。
そんなおうちなら
ふゆのながいよるだって
たいくつすることがないでしょう。

おかしのおうちの、おかしのへやで
みんながうとうとしていますと
それまでだまってきいていたキラくんが
とつぜんこえをはりあげました。

「ねえ、たべてばかりじゃ、つまんない! 
もっと、あそぼうよ」

「やれ、やれ
これをたべるっていいだしたのは
あなただったはずよ」

ピンこちゃんは、キラくんを
きっとにらみつけてから

「でも、なにしてあそぶの?」

と、つけくわえることを
わすれませんでした。

 

「いいかい、よくきいて。
このこんぺいとうに
アリさんのおうちみたいな
トンネルをほって、めいろをつくるんだ。
そうしてね
そこでおにごっこをするんだよ。
トンネルは、上にも下にも
よこにもつながっているから
おにがきたってへっちゃらさ
ぜったいにつかまらないよ」

キラくんは、えへんとむねをはりました。

 

「でもね、キラくん、おにのかわりに
ヘビさんがきちゃったらどうするの?
へびさんが『こんにちは
ぼくもなかまにいれて、にょろ』
なんていいながらはいってきたら
どうしよう!」

フサちゃんは
とってもしんぱいそうです。

 

「うえ~ん、ヘビさん、こわいよ~」

マルくんが、ぶるぶるふるえだしました。

 

「わかった、わかったよ。
めいろはやめて・・・
そうだ、こんぺいとうのおうちの
ちょうどやねのあたりに
ふといロープをとおすんだ。
そうして、そのロープを
たかいきのえだにひっかけるんだよ。
それから
ロープのはしをしたまでおろしてきて
みんなで
ちからをあわせてひっぱるのさ」

「わ~い、ひっぱればいいんだね。
そんなの、かんたんだよ」

マルくんは、ひとりではしゃいでいます。

 

「だけど、ひっぱると、どうなるの?」

ミミちゃんは、くびをかしげました。

 

「ひっぱればひっぱるほど
おうちはどんどん、のぼっていくのさ」

キラくんは、けんめいに
ロープをひっぱるまねをしました。

 

「そうだよ、そうだよ
のぼっていくんだよ。
わーい、キラくんが
もう、あんなに小さくなっちゃった」

マルくんは、ぜっこうちょうです。

シマリス

こんぺいとうのおうちが
きらきらとかがやきながら
ゆらゆらとこずえめがけて
のぼっていきます。

 

「わ~い
まるでききゅうにのっているみたい」

ピンこちゃんが、わらっています。

 

「ヘビさん、さようなら~」

ききゅうのまどべでは
フサちゃんが、てをふっています。

 

「もりじゅうが、みわたせるわ!」

ミミちゃんが、そうさけんだときです。

 

「パパ、ぼくのキラキラ
こんなところにおちていた!」

 

とつぜん、だれかが
みんなのききゅうを
いいえ、こんぺいとうを
ひょいっと、つまみあげたのでした。

 

「あ!」

「あ!」

「あ!」

「あ!」

「あー」

 

ぽかんと
そらをみあげるこりすたちのうえに
ことしさいしょのゆきが
ふんわり、ふわりと、おちてきました。


こりすたちは、いつまでも、いつまでも

こんぺいとがきえたあたりの

しろいおそらをみあげていました。



お話しは、これでおしまいです。

 

 

でもね
このお話しには
まだ続きがあるんです。

 

「また、いっぱいあそぼうね」

と、だれかがいいました。

「うん
こんどは、ゆきのおうちをつくろうよ」

と、ほかのだれかがこたえました。

 

え?
だれ?
だれがおはなししているの?

 

あたりをみまわしてみましたが
だあれもいません。

 

もりのなかには
かみきれがおちているばかり。

そのかみきれには・・・

あれあれ?
しまりすのえがかいてありますよ。

 

もりのなかにのこされていたのは
5まいのかみのにんぎょうだったのです。

 

じつは
しまりすのペープサートたちが
おしゃべりをしていたのでした。

 

(おわり)

 

じつはシマリスたちは・・・

最期の最期に種明かしをしていますが
じつはシマリスたちは
ペープサートだったんですね。
つまりは紙でできた人形というわけです。

ということで
このお話しは
小さな舞台で演じられた
「人形劇」というスタイルを模したもの
だったんです。

 

はじめに種明かしをしてしまうと
「がっかり」の衝撃が
半分くらいになってしまいますので
あなたには黙っていたのです。

 

え?

「もっとがっかりした」

あちゃー

本当にごめんなさい。

 

※あわせてこちらもお読みください。 
↓↓↓

【子どものころのワクワクを思い出すテクニックになるかも】
📑ひつじかい〈子どものころの心持ち〉で絵本のアイデアを探してみる!

【絵本のストーリー〈メイキングバージョン〉を公開しています。】
📑『おつきみくださ~い』絵本オリジナルストーリーをブラッシュアップ』

おしょうがつの気分を描き切った特別な絵本をどうぞ
📑ひつじかい〈記録としての絵本をレビュー〉『もうすぐおしょうがつ』

絵本を書くその前にやらなければいけない作法があるのです。】
📑絵本づくりのプロがいう「子どものころの心持ち」ってなんだろう?

【「詩とメルヘン」にやなせさんが選んでくれた一遍の詩】
📑【絵本作家への道】ひつじかいとやなせたかしさんとの小さな接点?

【持ち込みにこだわらず「情報を発信し続けること」が大切なんです!】
📑オリジナル絵本を世に出したい!出版社への持ち込みってどうなの?

【ひつじかいのとっておきの1冊をご紹介します。】
📑もりのひつじかい〈珠玉の絵本〉をレビュー『おやすみ、くまくん』

作品に一番重要なものってわかりますか?それが独創性なんです。】
📑〈ひつじかいの絵本出版への道〉作品に求められる【独創性】とは?

【絵本出版に関わるひとたちの〈今考えていること〉が分かるかも】
📑ひつじかい「絵本の出版に関するアンケート」に答える!

タイトルとURLをコピーしました