ひつじかいのオリジナル絵本ストーリー『あひるさんがとおりま~す!』

あひるさんがとおりま~す オリジナルストーリー
あひるさんが・・

こんにちは、もりのひつじかいです。

今日は、ひつじかいが
「絵本の出版化」に向けて
ブラッシュアップを行ってきた
『あひるさんがとおりま~す!』
の〈オリジナル版〉を公開します。

絵本の出版社に
【落ち穂拾い】的に拾っていただいたのが
こちらの作品になります。

今となっては遠い昔の話しになりますが
まだ息子が小さかったころ
このストーリーに登場する親子のように
湯船いっぱいに
色とりどりの船や金魚やあひるを浮かべ
愉快なバスタイムを過ごしたものです。

この作品は
そんな楽しかりし思い出への
リコレクション(追想)です。



しかし、残念なことに
「絵本の出版化」に向けて
これをリライトをする流れとなり
〈オリジナル版〉としての
出版の可能性は消えました。

*この経過につきましては

 こちらの記事 で

 詳しくお伝えをしていますので
 関心がおありの方はご覧ください。

今は亡き息子との
メモリアルともいえるこの作品には
そうしたひつじかいの思い入れが
たっぷり詰まっているのです。

なお、この作品は
絵本コンクール当確ライン上の
【落ち穂拾い】的な尺度として
参考になるのではないかと思います。

ちなみに、作品の対象年齢は
2~3歳を想定しています。

スポンサーリンク

『あひるさんがとおりま~す!』〈オリジナル版〉



 しんちゃんは おふろが だいすき

 ばしゃ ばしゃ ばしゃ

 パパといっしょに 

 おふろに はいるよ

 きょうは なにして あそぼうか?

2 

 あれ あれ あれれ

 おふろは おふねで いっぱいだ

 いろんな おふねが うかんでる

 たのしそうに うかんでる



 ゆら ゆら ゆら~り

 あかい おふねが とおりま~す

 ぶつかるよ ぶつかるよ

 ふう! だいじょうぶ

4 

 おや おや おや

 こんどはパパが

 あおいおふねを だしてきた

 はやいよ はやいよ 

 にげろ にげろ!



 よ~し それじゃあね

 きんぎょちゃんを だしちゃうぞ

 つよいよ つよいよ

 おふねなんかに まけないよ 



 あら あら あらら

 むこうから 

 もしもしかめさん やってきた

 おおきいなあ おおきいなあ

 かくれなくっちゃ はやく はやく



 うひゃ うひゃ うひゃー

 たかいよ たかい よくみえる

あひるさんがとおるよ、どいてどいて

 あひるさんが とおりま~す!

 どいて どいて



 ぷか ぷか ぷか~り

 おふねが みんな あつまった

 かめも きんぎょも あつまった

 うれしいなあ たのしいなあ

お船が集まった!




 ぽか ぽか ぽっかぽか

 おかおも からだも まっかっか

 さいごに パパが とおりま~す

 おおなみ こなみ かいじゅうだ!

 おおなみ こなみ かいじゅうだ!

10

 また あした

 おふろで いっぱい あそぼうね

 おふねで いっぱい あそぼうね

なぜその絵本は出版される必要があるの?

見出しに掲げた


なぜその絵本は出版される必要があるの?


というのは
絵本の出版に関する「3つのポイント」の
第一番ですね。

それを言われると
はっきりいって答えられませんね。


出版に至る事由が確かに希薄なんです。
亡き息子への追慕だけでは・・

あひるさんだけでは・・

ちなみに、3つのポイントとは
次の3項目を指しています。

3つのポイントとは

◆何故その作品は出版される必要があるの?
→ 出版に堪えうる条件を満たしているか?

◆その作品を誰が読んでくれるの?
→ 購入してくれる人のペルソナは明確か?

◆作者はその作品を語るにふさわしい人?
→ 相応のプロフィールを有しているか?

じつは
このストーリーを書いていたときには
ひつじかいは
その「3つのポイント」なるものを
まったく知りませんでした。


そんなことにはまったく無頓着で
好きなように書いていたんです。


だから
リライトをやんわりと示唆された理由も
今ならよくわかります。

出版といいましても
商業出版ということですから
作者の思いだけでは
あひるだけでは
「3つのポイント」の第一番を
クリアーすることができないのです。

こういう現実を知っても
まだ
「絵本の出版化」に向けた努力を
続けますか?

ひつじかいはもちろん、YESです。


あなたは、いかがでしょうか?


☆こちらの記事も、いかがですか?

絵本ストーリー『あひるさんがとおりま~す!』リライト版を公開!

絵本ストーリー全面書き直し!3度目の「ボツ」でわかったこと

18回目の絵本コンテストに挑む〈オリジナル原稿〉はこちら!

ひつじかいのオリジナル絵本ストーリー『3・11のつばめ』


 

タイトルとURLをコピーしました