〈ひつじかいの絵本出版への道〉作品に求められる【独創性】とは?

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

今日は
絵本の【独創性】(オリジナリティ)
について考えてみたいと思います。

 

作品に一番重要なものとは何か?

なぜ独創性が必要なのか?

どんな独創性が必要なのか?

 

といった切り口から
話しを進めていきますね。

 

絵本の独創性に関するあなたの認識が
少し深まるかもしれませんね。

 

面談の際に見せられた「ほやほや」絵本!

「絵本の出版化」に向けて、先日
出版社の担当者さんと面談を行いました。

→詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

そのとき
ミーティングテーブルの脇の棚に
何冊かの本が並んでいるのが見えました。

会話の途中で担当者さんは
その中の1冊をひょいっと抜き取ると
ひつじかいに手渡してくれました。

 

「できたてほやほやの絵本です。
 よろしかったら覧ください」

 

渡された本の表紙を眺めると
それは、色鉛筆で描かれた
なんとも可愛らしい絵本でした。

 

「この作者も、ひつじかいさん同様
ストーリー部門に応募された方です。
絵心がありそうでしたのでお勧めしたら
こんな素晴らしい絵を描かれたんですよ」

 

やや乙女チックな感じも受けましたが
1枚1枚丁寧に描き込まれたイラストは
どこか楽しげな雰囲気を漂わせています。

 

この絵本の主役は、なんと「家」だとか。
どうりで家に顔が描かれているわけです。

 

作品の独創性とは?

 ああ、この絵本は出版されたんだな。
 それにひきかえ
 ひつじかいは、またやり直し・・。
 あっちがよくて
 こっちはダメ!だって・・

 あっちとこっちの差って、いったい何?

 

面談の時間は限られていましたので
すでに話題は次のことに移っており
ひつじかいはこのときの心の問を
そのままにしてしまったのでした。

 

けれども
そのシーンをリバースしてみれば
あのときひつじかいが感じた
「あっちとこっちの差」というのは
つまりは「独創性の差」だった
ということになります。

 

星降る夜の家

「家」を主役にした物語は
独創性ありと認められたのに

ひつじかいの

『あひるさんがとおりま~す』には

それがないということなんですね。

 

では、ここで
最初のクエスションに戻りましょう。

 

絵本で一番重要なものとは何か?
ってとこです。

 

もう何度も言ってきましたよね。
それが、独創性ということです。

 

担当者さんにいわせると
独創性とは―

 

その絵本を
あなたが書かなくてはならない
必然のこと。

 

であり

 

既に多くの本がある中で
あなたが書いた絵本が
ここに誕生すべき必然のこと。

 

だというのです。

 

ひつじかいは何故、あひるさんの物語を
書かなければならないのか?
そこにはどんな必然があるのか?

 

ひつじかいが
そんなに根を詰めて書かなくとも
世界には
絵本があふれているのだし
ひつじかいの絵本が誕生しなくとも
誰も困らないではないか?

 

ということですね。

 

これに反論できるだけのモノがなければ
独創性がないと見なされてしまう訳です。

 

独創性を高めるために何をすればいいのか?

極めて独創的なゴッホの絵画

そうです、まさにそこですよね
私たちクリエーターが知りたいところは。

 

それを担当者さんは
3つの視点からチェックしたらどうかと
提案しています。

 

*あなたのその作品には
 何か印象に残る
《特徴》がありますか?

*《類書との違い》を説明できますか?

*その主題は
 あなたが《本当に描きたい》
こと
 ですか?

 

というものです。

 

これらのポイントが全て満たされたとき
それは「独創性に富んだ」作品だと
評価されることになるというわけですね。

 

では、具体的にはその《特徴》を
作品の「どこで」表せばいいのでしょう。
どんな独創性が必要なのでしょうか?

 

担当者さんは
次の7つのポイントを挙げてくれました。

 

・(絵を描かれる場合は)その画風に。

・作品に登場する主要なキャラクターに。

・作品のストーリーそのものに。

・作品のテーマに。

・作品の各種仕掛けに。

・作画の色使いに。

・作品の娯楽性やビジュアル感覚に!

 

これらのポイントを
複数個組み合わせることで
さらにその数は増えていくのだとか・・

 

いかがでしょうか?

 

あなたの作品を
これら3つの視点と7つのポイントに
照らし合わせてみてください。

 

独創性はあるといえますか?
どうですか?

独創性

 

ちなみにひつじかいの
『あひるさんがとおりま~す!』
(全面書き直し版)で
チェックしてみましょう。

 

◇視点1:印象に残る《特徴》は?

→強いていえば
「いじわる」を取り上げたくらいか。

 

◇視点2:《類書》との違いは?

→そもそも《類書》といえるものが少ない。

 

◇視点3:本当に描きたい《主題》なの?

→改めてそういわれると

 はっきりYESとは答えられない。

 

星で記せば⭐⭐*(2こ半)
という感じですね。
これではダメですね。
「出版企画会議」に臨めない理由が
今ようやくはっきりしました。

 

視点2については、出版社では
《類書》のないカテゴリーの作品は
敬遠されるという話しを聞いています。

そもそも《類書》がないということは
その類の作品は「売れない」ということ
だからだそうです。

 

視点1及び2が多少弱くても
視点3が強固であれば
強行突破ということも可能でしょうが
「はっきりYESとは答えられない。」
なんて答えているようでは
はっきりいって望み薄ですね。

 

顔を洗って出直しましょうよ
ひつじかいさん。

(あれ、顔ではなくて首でしたっけ?)

 

こんなダメダメのひつじかいですが
ちなみにあなたは
どんな独創性を持っていますか?

え?
持っていない?

それではひつじかいの二の舞ですよ!

 

※あわせてこちらもお読みください。 
↓↓↓

絵本の出版に近づけるはずが、思わぬ紆余曲折が・・・。】
📑絵本の出版って、そんなに甘チョロイものではなかった!

【絵本出版に関わるひとたちの〈今考えていること〉が分かるかも】
📑ひつじかい「絵本の出版に関するアンケート」に答える!

【ひつじかいが実際に書いたストーリーを公開(汗)しています。】
📑絵本ストーリー(もりのひつじかいオリジナル版)を公開します!

【絵本作家への夢を叶えるためにもコンクール選びは慎重に!】
📑絵本作家への夢を叶えるコンクール選びとは

【出版不況の中にあって、絵本だけは業績を伸ばしています】
📑絵本を出版!まだ伸びしろがあるってホントかな?

タイトルとURLをコピーしました