絵本作家になるための覚悟 出版に関する決断とお金について

こんにちは、もりのひつじかいです。

今日は

 絵本作家を目指すには
 ある種の覚悟(決断)が必要だ!

というお話しをさせていただきますね。

絵本を商業出版したいと考えている人には
役に立つ情報ではないかなって思います。

積極的に販促できますか?

この覚悟のお話しって
絵本作家に限ったことではなく
本を出版しようと考えている人全般に
当てはまることなんでしょうね。

でも、恥ずかしながら、ひつじかいは
つい先ごろまで
本を出版するのに覚悟がいるなんて
露ほども考えたことがありませんでした。

だから、それを知ったときには
少なからぬ衝撃を受けたのであります。

どういうことかといいますと
商業出版ではあっても

「ある程度の冊数は
 自分で売りさばかなくてはならない」

という
【暗黙のルール】のことなんです。

自費出版ということであるならば
全くもって想定内のことです。

けれども、一定部数であるとはいえ
それが商業出版にも適用されている
ということが
実に驚きだったわけです。

つまり、ある種の覚悟とは
自分の著書の販促に関し

「売る切るくらいの覚悟で取り組めるか」

という決意のことであったわけです。

ひつじかいは、つい先ごろまで
純朴な絵本の世界において
覚悟とか決断が要求されるシーンがある
などとは
全く考えてもいませんでした。

あわよくばコンクールの上位当選
わるくとも入選を目指して
淡々と挑んでいたわけであります。

今振り返れば
なんて「のどかで、あんきな日々」
だったのだろうかと
つくづく思いますね。

コンクールの中には、当然
「商業出版を確約している」
ものも多いわけですが
ひつじかいは
入賞後のビジョンというものを
全く描けていなかったのでした。

といいますか
もっと正直な話しをすると
コンクールで入選とかすれば

「自動的に絵本をつくってもらえる」

ものだと
能天気に構えていたのでした。

たとえ「落ち穂拾い的」であったとはいえ
絵本の出版社から
応募作品の出版化がほのめかされたとき
2番目に問いただされたのが
この「覚悟」だったというわけです。

最初にきかれたことって?

ごめんなさい
順番が逆になってしまいましたね。

本の出版化を協議しているわけですから
ごく普通の質問なんですが
ぼくが最初にきかれたのは

 あなたには
 絵本を出版しようという意思が
 おありですか?

ということでした。

(今さら、なんで・・)

と、そのときは思いましたが
2番目の質問を「弾込め」したうえでの
問いかけですから
相当の重さを孕んでいたことになります。

成功に至るためのプロセス

ちなみに
ひつじかいの絵本が出版されたと想定して
著者のひつじかい-

(なんて、素晴らしい響きでしょう!)

に割り当てられる販促部数は
30%相当とのことです。

初版1,000部の発行と仮定しますと
ひつじかいは、そのうちの300部を
「自分で売る」ことになります。
1部の定価を1,200円と見積もると
360,000円(税別)が
口座から引き落とされる勘定になります。

先立つもの、お金が必要。

ひつじかいは絵を書かない絵本作家
ストーリー担当を志望していますので
ここに
イラストレーターへ支払うギャラが
上乗せされるのだとか。

それがだいたい300,000円くらい・・。

それでもあなたは絵本を出版されますか?

と改めて尋ねられました。

はい。

と、ひつじかいは答えました。

ひつじかいが腹を括った、瞬間でした。

あなたが、ひつじかいと同じように
絵本コンクールの入選を目指して
投稿を続けている人ならば
そろそろ
「入選してしまった後の」ビジョンを
描き始めた方がいいかもしれません。

それも、できるだけ詳細

☆こちらの記事も、いかがですか?

絵本を出版! まだ伸びしろがあるってホントかな?

絵本作家への夢を叶えるコンクール選びとは

ひつじかい「絵本の出版に関するアンケート」に答える!

絵本の出版に向けた初面談で要求された〈意外なもの〉とは?

絵本作家になりたい!〈出版企画書〉の書き方がポイントだって?

コメント

タイトルとURLをコピーしました