旅先で好きな絵本を探してみよう!長崎〈祈りの丘絵本美術館〉

こんにちは、もりのひつじかいです。

 

今日は、旅先で訪れた
長崎〈祈りの丘絵本美術館〉
(子どもの本のお店童話館)
をご紹介しますね。

 

日本の各地には
この美術館(書店)のような
素敵なお店がいくつもあるんでしょうね。

 

あなたのおすすめのお店は
どこですか?

 

オールドフレンズという名のロングセラー

長崎市を訪れるのはこのときが2回目。

グラバー邸を再訪しようと
ゆるやかな坂道を上っていくと

道の脇に〈祈りの丘絵本美術館〉の看板。


子どもの本のお店童話館

右手の壁には「こどもの本の店童話館」
とも・・

 

目を転ずると、敷地の奥に
八角形の、レンガ造りの建物が見えます。
その趣のある
メルヘンチックな雰囲気に惹かれ
気がつくと
建物へと続く小道を辿っていました。

祈りの丘絵本美術館

祈りの丘絵本美術館の門前で

店内は板張りのフロアーに木製の書架。
落ちついた「とてもいい感じ」のお店。

 

美術館はわかるけど、童話館って何?

 

とりあえず、店内をぐるりと視察。

あ、なんだ、絵本のお店か!

童話館と名乗るだけのことはあって
そのジャンルの本もなかなかの品揃え。
絵本と童話をあわせて
1万冊はあるみたい。

 

足は自然と絵本の書架に・・

 

いたいた、おなじみの顔ぶれ-

いたずらきかんしゃちゅうちゅう

すぐに大型絵本
『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』
が目に飛びこんできました。

それから
『はたらきもののじょせつしゃけいてぃ-』も。


『ちいさいおうち』
『せいめいのれきし』
と続き
バージニア・リー・バートンが
並んでいることに気がつきます。

 

『てぶくろ』
『しろいうさぎとくろいうさぎ』
『もりのなか』
『3びきのくま』
『よあけ』

 

そうして
『しょうぼうじどうしゃじぷた』!

 

君も君もいたんだね!
うれしいな。

 

息子が小さかったころに
何度も何度も何度も読み聞かせした
オールドフレンズたち。

 

50年以上も一線を張っている
ロングセラーたちの
そのどうどうとした風格
まぶしいばかりのオーラ
あたたかな包容力。

 

長崎の
グラバー邸へと向かう坂道の
祈りの丘絵本美術館で
懐かしい「旧友」たちとの再開を果たした
ひつじかいは
ときのたつのも忘れ
物思いにふけったのでありました。

 

2階は美術館になっていました

1階のレジでチケットを購入し
2階へと上ってみます。

すると、そこは美術館になっていました。

 

地元長崎出身の画家を中心とした
常設展のほか
企画ものとして
絵本の原画展が開催されていました。

 

この日展示されていたのは
外国人作家の原画。
どこか気取ったクロコダイルの絵。
ピンクや緑の色使いが鮮やかで
とても印象的です。

 

ひつじかいは前に一度だけ
その作家の絵本を
見たことがありましたが
すっかり名前を忘れてしまいました。

ごめんなさい。

 

でも、原画をこんなふうに
間近で眺めるのは久しぶりでしたので
繊細な筆使いに感銘を受けたのでした。

原画が持つ力に
すっかり魅了されてしまいました。

 

グラバー邸のことも

本場の長崎ちゃんぽん

長崎ちゃんぽんやカステラのことも

まったく忘れていましたね。(笑)

 

となりの街で絵本を探してみるのも、いいかも・・

こんなふうに
日常と少し離れたところで
絵本に触れてみると
ふだんは気がつかなかった魅力に
気づくことができるかもしれません。

 

もしかしたら
あなたが住んでいるとなりの街で
絵本を探してみるのもいいかも
ですね。

できれば
いつもは手にしない絵本を開いてみたり
子どものころに遊んだ「旧友」たちと
対話をしてみたりしながら・・。

 

坂本龍馬のブーツ

亀山社中へ行く途中で見かけた、坂本龍馬のブーツのモニュメント!

 

いつかまた
長崎に行く機会があったら
〈祈りの丘絵本美術館〉に
ふらりと立ち寄ってみたいと思います。

今度はどんな出会いがあるか
今から楽しみです。

 

あなたも
あなたの〈祈りの丘〉を
見つけてください。

そうして、できたらひつじかいにも
こっそり教えて下さいね。

 

※あわせてこちらもお読みください。 
↓↓↓

【リライトした原稿がまさかの全面書き直しなんて!】
📑この絵本ストーリーでは「企画が通らない?」ひつじかいも大ショック!

絵本の出版に近づけるはずが、思わぬ紆余曲折が・・・。】
📑絵本の出版って、そんなに甘チョロイものではなかった!

【ひつじかいの実体験に基づく絵本オリジナルストーリーです。】
📑もりのひつじかいオリジナル絵本ストーリー『やまかじとんとん』

【多くの絵本に動物が登場する理由、知っていますか?】
📑『絵本の書き方 おはなし作りのAからZ教えます』で衝撃!?

【絵本作家〈新人デビュー〉の狭き門について考えてみました。】
📑もりのひつじかい「絵本作家になるための狭き門」について考える

タイトルとURLをコピーしました